チルリラグリンカードで視覚化してみる(前半編)

こんにちわ
いちやです。

「チルリラグリン」ってご存じですか

あなたは、チルリラグリンカード、ご存じですか。


(カードのご購入は、こちらです。)

ヒューマンデザインの「秘密のノウハウ」の一部分を使ってあなたの個性や才能(ポロリンやパッカーン)をわかりやすく視覚化したカードだよ。

そう「マイダンジョンカード」をより親しみやすく、
使いやすさに拘ったカードなのです。
でも目指すところは同じです。

HEALING CAFE

欧米からやってきたヒューマンデザインが基になり、開発されたマイダンジョンカード。日本で生まれ、あるいは日本で暮らす、(も…

眠っている「個性や才能」を見つけていくツールだ
ということ。

カードの色合いは「優しさ」と「ほのぼのさ」

始めてカードを手に取られた方は、
「マイダンジョンカード」とは違って、
“軽さ”というか、“ポップさ”を感じたのではないでしょうか。
明るさや楽しさ、可愛らしさ、親しみやすさ
・・・などなど。

それもそのはず。

チルリラグリンには「自分の才能を生かそう! 使いこなそう!」 も素敵だけれど、 まずはリラックスして、 自分の良いところも変なところもクスっと笑い飛ばそう、 そのままの自分を楽しもう!という意味が込められているんだ。このカードで楽しく自分を知ってみてね!

とあるように、
まさに「チルリラグリン」の意味している、
「リラックス&エンジョーイしてクスッと笑う」の通りなのです。

そして、印象的なのが、カード本体の文字のフォントやイラスト。
何よりも、その「色合い」にあると感じました。

・パステルカラー
・高い明度の色合い

明度とは、色の明るさのこと。
明度が高かいと、より「白っぽく」なって、
低ければ、「黒っぽく」なっていく。

明度が低くなって、黒っぽくなっていくと、
落ち着きとか、渋くなって、
シネマみたいによりクールさが強調されていく。

また、明度が明るめだと、
「優しさ」、「ほのぼのさ」がより強調されていく
イメージをもちます。

これを体現した代表格が、
テレビアニメの「サザエさん」じゃないかと。
私が小学校へ進学する頃?から見ていた記憶があります。

登場人物の衣装の配色がポップで明るい感じで、
ほのぼのしていて。それでいて綺麗。
いい感じがするじゃないですか。
チルリラグリンのカードにも相通ずるものを感じます。

歴代サザエさんオープニング最後の部分」より引用

オシャレでアーバンな雰囲気を醸し出している

かつて、ホットドッグ・プレスや、POPEYE(ポパイ) という
雑誌がありました。
私が10代20代の頃、一世を風靡した?雑誌。

衣食住をより楽しく充実させたい。
ファッション、どうデートを充実させるかとか・・・。

生活情報誌というより、
私にとっては、マニュアル本?みたいな存在だったなあ(笑)

そう言えば。
どの号だったか忘れましたが、1987~1988年頃。
雑誌を見てどうしても欲しくて購入した
樫山の SUIVI. homme の玉虫色?のジャケット、
何故か今でも捨てずに取ってありますね(笑)

でも、当時は、テレビCM、街中の広告。
本当に良い意味で購買意欲がそそられる影像や演出があった
ような気がする。

そう糸井重里さんのキャッチコピーとか。

日産セフィーロのテレビCM
「くうねるあそぶ」(1988年)というコピー。

ちょっと不思議な感覚?にとらわれてしまったり。
井上陽水さんの曲と共に、まったりとした不思議な時間。

もっと古くなると。
カメラのミノルタのテレビCMとか。

「いまのキミはピカピカに光って♪・・」

宮崎美子さんの水着姿 。
いや、今でも鮮明に記憶に残っています・・。

名言・格言『糸井重里さんのコピー

糸井さんのコピーを読むと、言葉の組み合わせ方、ニュアンスづけのセンスが光ります。一見スマートに見えるが、ウィットと茶目っ気のあるスタイルには、憧れを抱かずにはいられない。

まさに、先のテレビCMはその通りだったと。

実はチルリラグリンのカードの文言や、
添付の「解説book」を読み込めば読み込んでいくほど、
上記コピーライター糸井重里さんのように。
ちょっぴりウィットで風刺が効いた、
オシャレでアーバンな雰囲気を醸し出しているなあと、
感じずにはいられない(笑)

何かの「答え」を受け取るツールではない

そして、何よりも大切なこと。
チルリラグリンカードは(ヒューマンデザインは)、
何かの「答えを教える、導くツールではない」ということ。

それは「自分自身の中に答えがあるのだ」ということ。
このことにあらためて気づかせてくれるツール。

例えば、
相手のわき上がってくる感情を丁寧に拾ってあげること。

これはまさに「心理カウンセリング」に通ずるものがありますね。
内省、内観するためのカードということでしょうか。

自分自身のためにも、自分のために毎日持ち歩いて、
気になるときにカバンから取り出して
一枚引いてみる。解説ブックと照らし合わせてみる。

あるいは、セッションのとき。
マイダンジョンカードでは、スイッチのオンオフを
語っていきましたが、チルリラグリーンカードは、
いろいろと並べ替えてみて、感じたことを
語って貰うとか。

小難しいことは抜きにして、
純粋に「ことば遊び」を楽しむことも大切なんだなあと。
そうすることで、結果的に、

満足であったり、
成功であったり、
平和であったり
驚きであったりと。

一人一人がジワジワと感じて、
「自分らしく」なってゆけるカードなのかなあと。
(カードのご購入は、こちらです。)

さて、皆さんはいかがでしょうか。

次回(後半編)はもう少し、深掘りしていきます。

最新情報をチェックしよう!