CATEGORY

手相術

  • 2019-12-15
  • 2020-05-15

手相術は経験や体験から因果関係を見つけていく作業

  こんにちは。 いちや です。   お茶の間を賑わす「占い」は、 大きな周期で繰返される。   当たる・当たらない、 信憑性がある・ないに関わらず、 話題性というか、 何かと注目されるから。   一方で、例えば手相占い。 統計学に基づく経験や体験から 因果関係を見つけていく作業の 積み重ねではあるものの、 体系化された情報は、 その時代に合わせて、 解釈も […]

  • 2019-03-16
  • 2020-05-15

手相は両方の手のひらでみる左手は先天的で右手は後天的なもの

  こんにちは。 いちや です。   前回と前々回に渡って、 “花粉症”と“眼ぢから”が手相と 何か相関関係があるのではないか という仮説と、     また、“眼ぢから”は、 手のひらの手相に ある特定のパターン「島」と 結びついているのではないか というお話をしました。     今回は、 感情線上にある「島」は、 両方の手のひらに同じよ […]

  • 2019-03-11
  • 2020-05-15

手のひらの薬指すぐ下の感情線にできた島を検証する

  こんにちは。 いちや です。   前回は、 『手相で「眼ぢからがない」を検証する』 ということで、 薬指のすぐ下の感情線上にある 細く目立たない小さな島について お話ししました。     今回は、 前回記事の補足となります。 「薬指すぐ下の感情線にできた島」は 中国伝統医学の「形相学」を 発展させて検証を繰り返し、 現在の医学と整合性を図った結果と、 そ […]

  • 2019-03-07
  • 2020-05-15

花粉症で眼ぢからがないと辛いを手相で検証する

  こんにちは。 いちや です。   以前の記事で老人環について お話ししました。 『 老人環 = 眼ぢからがない 』 という厳しい現実でした。     3月になって、花粉症が気になる 今日このごろですね(笑)   私の場合は、その年によって、 花粉症の症状が辛くなる年と、 そうではない年とがあります。   今回は、 花粉症の症状で眼ぢか […]