CATEGORY

手相術

  • 2020-10-25
  • 2020-10-26

大好きなことを仕事にするプロフェッショナルな生き方

こんにちは。 いちや です。   最近の話題の映画でも、 量子力学とか、夢と関わる深層心理とか、 私の全く知らない未知の世界が 話題になっているような気がして、 あれこれ思いを巡らせていると、 ノーベル賞に行き着いた(笑)   かなり“強引な流れ”ではありますが、 2014年にノーベル物理学賞を受賞した 中村修二さんについて、 ヒューマンデザイン&手相のコラボで 考察します。 […]

  • 2020-09-08
  • 2020-09-26

「人の心」も豊かにした手のカタチと手のチカラ

こんにちは。 いちや です。   手のひらが大きな人と、小さな人。 身長が高いけど、手が小さな人。 身長は低めだけど、手のひらが大きな人。 身体的な特徴というか個性です。   そして、手のひらのかたち。 “かたち”だけではありません。 その動きにも“美しさ”を感じていく。 “美しさ”だけではありません。 ちから(才能)も感じていくのです。 もちろん、手のひらが大きな人と、 手の […]

  • 2020-08-27
  • 2020-09-26

建築家であり芸術家であり詩人でもあるコルビュジエの「開いた手」

こんにちは。 いちや です。   今回は、ル・コルビュジエについてお話したいと思います。   ル・コルビュジエは「近代建築の三大巨匠」の一人で、 国立西洋美術館本館を設計した人です。   出典:関東地方整備局ホームページ   すでに他界されていますが、 美術展をみていくと建築だけではなく、 絵画や彫刻、版画、壁画の分野でも活躍した方 であることがわかります。 […]

  • 2019-12-15
  • 2020-05-15

手相術は経験や体験から因果関係を見つけていく作業

  こんにちは。 いちや です。   お茶の間を賑わす「占い」は、 大きな周期で繰返される。   当たる・当たらない、 信憑性がある・ないに関わらず、 話題性というか、 何かと注目されるから。   一方で、例えば手相占い。 統計学に基づく経験や体験から 因果関係を見つけていく作業の 積み重ねではあるものの、 体系化された情報は、 その時代に合わせて、 解釈も […]

  • 2019-03-16
  • 2020-05-15

手相は両方の手のひらでみる左手は先天的で右手は後天的なもの

  こんにちは。 いちや です。   前回と前々回に渡って、 “花粉症”と“眼ぢから”が手相と 何か相関関係があるのではないか という仮説と、     また、“眼ぢから”は、 手のひらの手相に ある特定のパターン「島」と 結びついているのではないか というお話をしました。     今回は、 感情線上にある「島」は、 両方の手のひらに同じよ […]